会社経営に必要となる許認可

無事に登記申請が終わり会社設立が完了したからとは言え、今すぐに経営できる訳ではありません。
事業目的にもよりますが、「許認可」が必要になる場合があります。
「許認可」は事業を行うための手続きで、許認可を取らずに営業すると最悪逮捕される恐れもあります。
後になって「知らなかった」では済まされないのです。
許認可には大きく分けて、5つの種類があります。

続きを読む

事業内容を追加するには

会社設立が完了し経営に取り掛りしばらくすると、事業内容の変更や追加を余儀なくされることがあります。
将来のことを見越して事業内容を決めても、将来的に何がどうなるかは神様でしか分からないものです。
事業内容の変更手続きは面倒で、定款に書かれていない事業を行ったからとは言え、何らかの罰則が課せられる訳ではありません。
しかし事業内容の変更や追加をさぼってしまうと、会社経営に悪影響を及ぼします。

続きを読む

事業目的に違反したら罰則が課せられる!?

会社設立になくてはならないのが、定款です。
定款には事業目的が記されており、必ず従わなければならないと法律で決められています。
では万が一事業目的に違反した場合、警察に捕まってしまうことはあるのでしょうか。
答えは「基本的にはNO」です。
定款に記された以外の事業を行ってしまった会社はありますが、犯罪以外で処罰された事例はほとんどありません。

続きを読む

事業目的の決め方

会社設立を決意したものの、事業目的でつまずいていないでしょうか。
事業目的は会社設立には絶対不可欠とはいえ、具体的に何をどう決めれば良いのか悩む所です。
そこで会社設立に欠かせない、事業目的の決め方について取り上げます。

続きを読む

事業目的を考える時の注意点

事業目的は会社の目的を指し、定款に必ず記載しなければいけません。
事業目的が定款に記されていなかったら、会社設立は実質不可能です。
では事業目的を決める際に、どういう点に注意すればいいのでしょうか。
事業目的の注意点について取り上げます。

続きを読む

定款作成のポイント

会社設立の手続きを行うにあたり、定款の作成は絶対に外せません。
定款は、会社が活動するための規則になるものです。
しかし定款作成は想像以上に難しく、悩んでいる方も多いでしょう。
定款は30近くある事項を単にまとめれば良い訳ではなく、将来的に起こるかもしれないありとあらゆる事も想定しなければいけません。
そこで、定款を作成するためのポイントについてまとめてみました。

続きを読む

事業内容の書き方

会社設立に、定款の作成は絶対に欠かせません。
定款で必ず記さなければならない事項は幾つかありますが、中でも重要なのは「事業内容」です。
少しでも書き方を間違えてしまうと、登記申請が下りない恐れがあります。
しかし事業内容の書き方は意外と難しく、どう書けば良いのか分からない方はかなりいらっしゃるかと思います。

続きを読む

会社設立に欠かせない事業目的

会社設立には必要書類をまとめて、法務局へ登記申請の手続きを行います。
必要書類には色々な種類がありますが、中でも重要書類となるのが定款です。
定款ができていなければ、登記申請をしても却下される恐れがあります。
定款は会社の決まり事を記したもので、必ず書かなければならない項目が幾つかあります。
その中の1つが、「事業目的」です。

続きを読む

事業内容とは?

会社設立を考えているのならば、事業内容はしっかり考える必要があります。
しかし事業内容とは何かと問われると、上手く説明できない人は意外と多いです。
会社設立にあたり事業内容を有耶無耶にしていては、後で取り返しのつかないことになります。
そこで事業内容の意味について、取り上げます。

続きを読む